ボラティリティは上昇傾向。でも、オークファン株を買う。

今日、オークファン株を寄付成行で買いました。

先日の米国株は、まずまずの下落。

米国上院の選挙の行方や、週末の雇用統計の発表など、注目イベント目白押しで、国内でも新型コロナの流行拡大で、非常事態宣言が7日にも出される、という状況の中で、ボラティリティも上昇傾向。

そんな中で、買うか?待つか?迷いましたが、迷っている間に上昇して、買い場を逃すという個人的によくあるパターンの逆を行こうと決めました。

2021年前半は、マザーズも上昇予想が多く出ているようで、ある程度の期間保有するか?「10%損切りルール」に則って厳格にトレードするか?

売買の方針が曖昧なまま、買ってしまうのは、かなりマズいと思いつつ、とりあえず様子を見ようと思っています。

今日(2021年1月5日)の日経平均は若干下落しました。

終値は27158.63円。

前日比99.75円安でした。

日経平均VIは、22.06。

マザーズ指数は1211.05。

今日の上海総合指数は3528.67。

ハンセン指数は27649.86。

昨日のS&P500は3700.65。

今日もプログラミングの勉強。

『いちばんやさしいPython機械学習の教本』で、手書き文字の認識の部分を読んでいます。

ライブラリを使って、けっこう気軽に手書きの文字を予測させることができるんですね〜!

面白いです!