『週刊 東洋経済』「「未来を知る」ための読書案内」を読む。

『週刊 東洋経済』2021.5/1-8号「「未来を知る」ための読書案内」を読んでいます。

ビジネス書、経済関連、一般教養など多くの面白そうな本が紹介されていますが、個人的に読むことにしたのは、アサヒグループHD取締役の谷村圭造さんが紹介していた、奥泉光『ビビビ・ビ・バップ』です。

AI、ロボット、VR、AR、自動運転、生体認証、全脳アップロード、将棋、猫、ロンギヌスの槍(!?)、そして、もちろんジャズ。

様々な技術とミステリーが絡み合うSF作品です(まだ最初の1/4程度しか読めていませんが…)。

日々、投資のことを考えていると、ついつい視野が狭くなり、近視眼的になります。

グローバル・マクロな視点でいたはずが、国内銘柄の明日の株価のことばかり考えている…

「これではいかん!!」

ということで、投資本ではなく、SFを読んでみたわけですが、すごく面白い上に、未来のことを考えるきっかけにもなって、すごくいいな、と思いました。

現在はまだ開発段階の技術が、将来どのような使われ方をするのか?どのくらい普及し、どんな感じに発展していくのか?

地球の環境や、世界の人口、食料や住居、宇宙への進出などはどうなっていくか?

SF作品の中では、これらの様々な問題についての斬新なアイデアが提示されていて、SDGsやESG投資という視点からもとても興味深いです。

今まで、SFと言えば、古典的名作をポツポツと、ウィリアム・ギブスンなどのサイバーパンク作品を幾らか読んだくらい…

今後は、投資のアイデアを得るためにも、もっと積極的にSFを読んでいこうと思いました。

今日もプログラミングの勉強のための数学の勉強。

昨日に引き続き、2次不等式をやっていますが、わかったような、わからないような…

こんな状態で先に進むべきか?もう少しネバるべきか??

しばらくして、もう一度やってみると、意外とアッサリ理解できたりすることもあるんですけどね〜😓

WisdomTree 銅上場投資信託をチェック!

銅価格が高騰している、ということでWisdomTree 銅上場投資信託をチェックしてみました。

チャートを見てみると、今年の2月から3月にかけてと、4月半ばから現在にかけて、ググッと上昇しています。

実需中心の銅は、景気の動きをストレートに映し出しているようです。

一方、実需より資産としての性格が強い金は、1月の高値から比べると、ずいぶん下落しています。

4月に入ってから、若干上昇傾向にありますが、米国の金利次第という感じでしょうか。

ここのところ、長期金利は落ち着いているようですが、この先、景気回復と共に上昇していくと、金価格は軟調に推移する可能性もありそうです。

今日(2021年5月7日)の日経平均は微妙に上昇しました。

終値は29357.82円。

前日比26.45。

日経平均VIは、18.48。

マザーズ指数は1162.16。

今日の上海総合指数は3418.87。

ハンセン指数は28610.65。

昨日のS&P500は4201.62。

今日もプログラミングの勉強のための数学の勉強。

『もう一度 高校数学』の不等式をやっています。

でも、2次不等式とか連立不等式とか、やった記憶がありませんが…😨

ともあれ、勉強を進めます!

まったり投資モードに突入!!

連休明けの日経平均株価は大きく上昇しました。

が、個人的には、全然買いに動く気にもなれず、様子見を続けています。

米国の金利上昇、ナスダックの下落、マザーズも下落、という感じで、ハイテク株も今はちょっと買えない…

いずれ、どこかの時点で、FRBの金融引き締めを受けて、相場は大きく調整するでしょうから、そこまで新規の資金はまとめておいて、「ここ!」という所でドッと投入しようか?と。

そんな、まったり投資モードに突入すると、「まぁ、テーパー・タントラム、いつ来てもいいか」というくらいの気分になってきます。

こういう気楽な感じも良いですね〜。

今日(2021年5月6日)の日経平均は大きく上昇しました。

終値は29331.37円。

連休前比518.74円高でした。

日経平均VIは、19.62。

マザーズ指数は1183.84。

今日の上海総合指数は3441.28。

ハンセン指数は28637.46。

昨日のS&P500は4167.59。

今日もプログラミングの勉強のための数学の勉強。

『もう一度 高校数学』の不等式の部分に突入です!

これまでに出てきた公式など、ほとんど覚えられていませんが、こっちは試験勉強でやっているわけでもないので、「覚えられないものは、見直せば良い!」くらいの呑気な感じでやっています。

このくらい呑気だと、数学もかなり楽しめますね〜😃

昨日のナスダックは急落。やはり「金利」か…

昨日の米国市場は、ダウ平均は上昇したものの、ナスダックは急落。

きっと「金利」で何かあったんだろうな、とニュースをチェック。

やはり、という感じで、イエレン米財務長官が、財政支出拡大に伴って、経済の過熱を抑えるべく金利上昇が必要かも?、というニュアンスの発言をしたとのこと。

それで、ハイテク株売りが加速、と。

FRBから直接、アナウンスをする前に、別の方面から(イエレンさんは元FRB議長でしたね〜)、情報を小出しにすることで、「いざ、金融引き締め!」となった時のショックを和らげる作戦か!?

次のFOMCでは、金融引き締めについて話し合いが始まるのでは!?という話も聞こえてくる昨今、米国経済はコロナから回復しつつある、というニュースも出ていますが、株価のほうは、頭打ちな印象。

個人的には、インデックスの積み立てと、個別株への配当再投資以外の新規投資は、「何か」があって、株価が落ち込んでからにしようか?と思っています。

金融引き締めの結果、意外と世界の景気が腰折れする!?という可能性も排除できない気がしますし😨

今日もプログラミングの勉強のための数学の勉強。

3次方程式の解と係数の関係。

2次方程式でもややこしかったですが、3次はもっとややこしそう😨

それでも、証明のプロセスを見て、腑に落ちると、やっぱり「スゲ〜!」と思いますね〜😃

大地震のリスクと投資、について考える。

2021年5月2日の日経新聞に「日本の今のリスクは何か 地震感染症 備えが政策課題」という記事が出ていました。

「影響度」が断トツに高く、「影響可能性」も極めて高いのが、やはり、大地震

投資に関して考えると、やはり、国内の資産に偏っているのは、ちょっと恐い。

『プレジデント』2021.5.14号で、成毛眞さんが「貯金よりも米国株に投資しなさい」の中で書いているように、大地震が国内経済に与える影響は、「コロナの比ではない」。

個人的には、J−REITは、分配利回りも高く、老後の自分年金として、積極的に買いたいと思っているのですが、大地震を考えると、やはり…😨

国内株も同様…😨

(海外での売上比率が高い企業でも、影響は免れないでしょう)

となると、やはり結論としては、メインは成毛眞さんと同じく、米国株、ということになりそうです。

個人的には、新興国への投資も必要と考えているので、そのウエイトをどのくらいのにするか?それも、考えどころですが…

今日もプログラミングの勉強のための数学の勉強。

『もう一度 高校数学』の「解と係数の関係」をやっています。

「ほんとにそんな関係が成立するの??」

と思ってしまいますが、「解の公式」を使ってキレイに証明されるのを見て、素朴に「スゲ〜!」と感動しています。

TOPIXもマザーズも「選別型」に!?

2021年5月1日の日経新聞に「TOPIXを「選別型」に 東証株価指数改革を発表」という記事が出ていました。

2022年10月以降、基準に満たない銘柄のTOPIXへの組み入れ比率を段階的に引き下げていって、2025年1月末に完全に除外するそうです。

気になる、その基準は「流通時価総額100億円未満」。

2021年6月末と、その次の決算期に基準に満たない企業が、「ウエイト低減銘柄」に指定されるとのこと。

マザーズ指数も、市場再編で新設される「グロース」市場の時価総額上位250銘柄を組み入れる「選別型」になるそうです。

「どの銘柄が当落線上なのか?」

「全体相場にどのくらい影響が出るか?」

「システム障害は起きないか!?」

などなど、気になる点は多々あります。

個人的には、しばらく国内個別株へ新規の投資は見送ろうか?と思っています。

少量ですが続けているTOPIXインデックスへの積み立ては、長期的に海外の投資家のTOPIXへの評価が改善するとみて、このまま継続するつもりです。

今日も『もう一度 高校数学』で数学の勉強。

2次、3次方程式の解と係数の関係をやっています。

「解と係数にこんな関係があったの??」

と、びっくり!

今まで勉強した記憶がないことに、更にびっくり!!😓

色々とスペシャル!!ヤマザキ「イチゴスペシャル」

今日は、ヤマザキイチゴスペシャル」をいただきます。

f:id:signedfullness:20210502150026j:plain

イチゴスペシャル」、ほんとスペシャルですよね〜!
何しろ、「名称」が「菓子パン」ではなく、「洋菓子」ですから。
生地がパンではなく、フワフワのスポンジなんですよね〜。
 
しかも、「イチゴクリーム」に加えて、「北海道産練乳使用 ミルク風味クリーム」もサンドされています。
スポンジ生地が3枚。
その2つのすき間にそれぞれ「イチゴクリーム」と「ミルククリーム」がサンドされている、という。
 
この2種類のクリームが別々にサンドされている、というのも、かなりスペシャル!
 
個人的に、長年「イチゴスペシャル」(「バナナスペシャル」も)を食べてきていますが、記憶では、かつては、2枚のスポンジ生地の間に、「イチゴクリーム」1種類がサンドされていた、と記憶しています。
 
それが、今では、スポンジ3枚、クリーム2種類。
 
昔から、食べる時には必ずテンションが上がるスペシャルな「洋菓子」でしたが、今では更にスペシャルになり、更にテンションが高まります!!
 
では、早速いただきます!
 
袋を開けると、スポンジ生地の優しい香りと、かすかにイチゴの香りが。
口の中は唾液で溢れかえります。
(唾液が多く出ると、口の中の殺菌効果が高まっていいそうですね。
新型コロナに効果があるのか、サッパリわかりませんが、密になりそうな状況で、おもむろに「イチゴスペシャル」を取り出して、じっくり見つめて(食べるのではなく!)香りや味を想像し、唾液の分泌を促してみたら良いのでは!?と想像します。別に「イチゴスペシャル」でなくても、「梅しば」や「シゲキックス」「すっぱムーチョ」などでも良さそうではありますが…)
 
やわらかなスポンジをハフッと噛むと、生地はフワッとほどけていき、なめらかなダブルのクリームが混じり合う。
スポンジ生地の風味にイチゴとミルクの香りが加わり、脳内はまさに恍惚状態に。
 
イチゴスペシャル」、今までに、かなりの数を食べていますが、毎回必ずこの恍惚感がある。
ほんと、「スペシャル」な「洋菓子」ですね〜。
今のところ、「墓前に供えてもらいたいモノ」(??)ナンバーワンかも!?